座椅子 東京タワー /リリー・フランキー | Personal Pulse
<< ありがたいのぉ main 読書メモ >>
東京タワー /リリー・フランキー
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
/リリー・フランキー
面白かったです。リリーさんのお話ですから、もちろん面白いんですけど。
普遍的、皆が通り、感じる話ですから泣けましたね。
これを書いている今でも涙が出て来てしまうのは、本を思い出しているのか、自分のおかんを思っているのか、わからないところがあります。子が大事と思わない親がいないのと同じく、親を大事に思わない子もいない訳で。感謝していることをどのように表現するか、体言するかとても難しいですね。そう言った意味でこの「東京タワー」のリリーさんはとても素直で親孝行だと思います。とてもうらやましい。そして自分にも同じような時間が来ることに対しての恐怖を感じます。当たり前のことだけどね。
自分はおかんにそんなにしてあげられないかもしれないなぁ…

とにかく、後半は家で読むことをオススメ。
電車なんかで読んだら、周りの人がビックリするような顔になってしまうと思います。私もあぶなかったぁー。

しかし、久しぶりに本を買ったわぁ。ハードカバーは伊坂幸太郎の「重力ピエロ」以来かな。読みたいなぁと思いつつ、図書館にまだ入ってなくて。本屋に「レヴォリューション No.3」を買いに行ったのに、「東京タワー」を見て、ハルイチが良いと言ってたなぁとか、堂本兄弟でプレゼントしてたなぁ(似顔入りの超豪華版)とか考えてたらこちらがレジに。お金なかったから2冊は買えなかったぁ。(TдT)

東京タワーに登ったことがありません、毎日見てるのに。
常々行きたいと思ってはいたんだけど。取り壊される前に行っとかなきゃね。

webclapの画像変更しました。
←良かったらクリックお願いします。
10:58 ホン comments(0)
スポンサーサイト
10:58 - -
comment

message :